アイフルホーム洲本店

新築で迷う洗面所の広さを決めるコツと設計のアイデアをご紹介!

新築住宅の計画において、洗面所の広さは家庭の日常生活に深く関わる要素の1つです。
多くの人にとって、洗面所は単なる日々の身支度の場ではなく、家族の快適性と機能性を高める重要なスペースとなります。

この記事では、新築住宅を計画中の家庭に向けて、洗面所の理想的な広さをどのように決定するか、家族のニーズに合わせた設計のアイデアを提供します。

□新築の洗面所の広さの基準とは?

新築住宅を計画する際、洗面所の広さは家族の日常生活に大きな影響を及ぼします。
一般的に、洗面所の広さの目安は約2畳ですが、これは最低限の基準に過ぎません。
より快適で機能的な洗面所を望む場合、2.5畳のスペースを確保することが望ましいでしょう。

1:洗面所と脱衣所の適切な区分

洗面所と脱衣所を分ける場合、洗面所は1.5畳、脱衣所は1畳が一般的なサイズです。
洗面所のスペースを少し広く取ることで、朝の忙しい時間帯にも複数の家族が同時に利用しやすくなり、日々の忙しさを軽減できます。

2:ドアのタイプ選択の重要性

洗面所の配置に応じて、ドアのタイプは重要な要素です。
例えば、狭いスペースではスペースを取らない引き戸が適していますが、スペースに余裕がある場合は、開き戸も選択できます。
ドアのタイプは洗面所の使い勝手に大きく影響するため、慎重に選ぶことが肝心です。

3:ランドリールームの設置という選択肢

洗面所のスペースが限られている場合、ランドリールームの設置を検討するのも1つの解決策です。
ランドリールームを別に設けることで、洗濯機や洗濯用品の収納スペースを効率的に活用し、洗面所をより快適な空間に変えられます。

□家族構成と設備サイズから考える洗面所の広さについて

洗面所の設計において、家族構成や使用する設備のサイズを考慮することは非常に重要です。

1:洗面台や洗濯機のサイズ

洗面台の一般的なサイズは幅75センチメートルで奥行50センチメートル、洗濯機は幅64〜73センチメートルで奥行60〜62センチメートルが主流です。
特にドラム式洗濯機を選ぶ場合は、その大きさやドアの開閉方向を考慮する必要があります。
これらの設備が問題なく設置でき、使用時に不便がないことが基本条件です。

2:家族構成を考慮した設計

家族が多い場合、大型の洗濯機や広い収納スペースが必要になります。
朝の身支度では洗面所が混雑しやすいため、できるだけ広いスペースを確保することで、家族みんなが快適に使用できるようになります。

特に小さなお子様がいる家庭では、脱衣所を広く取ることで、入浴準備や着替えが楽になります。

3:ドアのタイプと室内干しスペースの配慮

開き戸はドアを開くスペースが必要となりますが、奥行きが限られたスペースでは引き戸を選ぶことが適しています。

また、室内干しスペースの有無も洗面所の設計に影響します。
天候に左右されずに洗濯物を干せる室内干しスペースを設ける場合は、その分広いスペースが求められるのです。

□まとめ

新築の洗面所の設計にあたっては、基本的な広さの目安、家族構成、設備のサイズ、ドアのタイプ、室内干しスペースなどを総合的に考慮し、最適な空間を作り出すことが重要です。
快適な洗面所の設計は、家族全員の生活の質を高め、日々のストレスを軽減することに貢献するでしょう。

PAGE TOP