アイフルホーム洲本店

家づくりにおける土地の坪単価の平均をご紹介します!

坪単価とは、家の1坪(3.3平方メートル)の大きさに対してどのくらいの建築費が必要であるかという指標です。
今回は坪単価の平均的相場を知ることで、相場内で建設できる住宅についてご紹介します。
平均的な住宅の建設相場を参考に、後悔のない注文住宅を建てましょう。
 
□土地の坪単価の平均相場
 
土地の坪単価は、建てる場所によって大きく差があります。
特に、首都圏では地方と単価そのものが大きく異なります。
坪単価の相場の算出は「2020年度 フラット35利用者調査」の結果より、建築費から住宅面積(平方メートル)を割った1坪単位の坪単価を算出しています。
 
一般的に建築費の説明で紹介される坪単価は、本体工事費用を住宅面積で割ったものです。
本体工事費用とは、家の基礎や骨組み、内外装など建物本体にかかる費用のことです。
実際に家を建てる場合は、全体の7割程度の本体工事費用に2から2.5割の付帯工事費用が含まれます。
 
坪単価の全国平均は約88万円、首都圏ではそれよりも少し高い約89万円、関西圏は約86万円となっており、80万円後半が平均的な坪単価となっています。
80万円後半という金額は建築費を含めた金額であり、本体工事費のみの場合は、約60万円台、元々土地を持っていた場合は、約70万円台となります。
 
□相場の坪単価で建てることのできる住宅について
 
坪単価の全国相場は約80万円後半と紹介しました。
相場内では44坪から50坪の間取りで、3500万円から4000万円の金額の家を建てれます。
具体的には、4人から6人ほどの家族構成で、キッチンや風呂場などの設備を共同で利用することを想定した2世帯住宅や3階建ての家作りを行えます。
 
建築コストと間取りの自由度のバランスが非常に良いため、4LDKから5LDKの間取りでウォークインクローゼットやシューズボックスといった機能的な収納やリビングに吹き抜けを導入するなど、ある程度の拡張性が考えられます。
 
また、2世帯住宅や3階建ての住宅になるため、耐震、耐火、防音性能に優れた、RC造(鉄筋コンクリート)を利用した注文住宅の建築も考えられます。
 
□まとめ
 
平均相場で注文住宅を建てたい場合は、全ての費用の合計で4000万円ほどかかります。
そのため、注文住宅は気軽に購入できるものではありません。
住みたい場所を選ぶのか機能的な家を作りたいのかなど、前もって準備を行って、最新の情報を収集しましょう。
PAGE TOP