セシボシリーズの特徴

「年間の一次エネルギーの消費量をゼロ以下」
とすることを目指した家=ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)です。

ふれあって絆を深める空間から、家族で過ごす素敵な時間が始まる。
大きな窓で解放感を満喫する、広々リビングでゆったり寛ぐ。
こだわりが息づく空間は、彩りと素敵な日々を運んでくれる。
ゆとりある広さの玄関が、いつもあたたかく迎えてくれる。
畳の上では自然と人が近づくから、家族の絆を深めてくれる。
すべての世代に寄り添う優しさを届けるキッズデザインの家。
忙しいママを応援するストレスフリーのこだわり配慮設計。
少ないエネルギーで自然に寄り添い暮らすエコの家。
ライフステージの変化にあわせて間取りを自在にアレンジできる。

・ZEH基準値超
・同シリーズの最上級モデル
・耐震等級3相当
・制震システム 基本搭載
・オリジナル高断熱パネル+付加断熱
・クリプトンガス入りのトリプルガラス
・太陽光発電システム 標準搭載

・ZEH基準値超
・耐震等級3相当
・制震システム 基本搭載
・トリプルガラス 基本搭載
・太陽光発電システム 基本搭載

・ZEH基準
・耐震等級3相当
・制震システム 基本搭載
・モノコック構造
・コストパフォーマンス

人生を豊かに変えるミライリッチの家づくり

今、建てる家が、明日も未来も、ずっと良い家であり続けること。
今、求めている暮らしがこれからもっと、豊かで健やかになること。
あなたと家族の幸せがいつまでも続く新しい家づくりを。
みつけよう、あなたのミライリッチ。

cesibo06

冬の住宅での
ヒートショックを軽減

断熱性の低い家は、夜中に起きた時に布団の中とトイレの温度差が20℃以上もあります。
室温の下がる廊下やトイレに移動するとその差はさらに大きなものに。急激な温度変化は、とくに高齢者の心筋梗塞や脳梗塞などの大きな原因のひとつです。家の中の温度差をできるかぎり小さくすることで、危険なヒートショックの解消に貢献します。

夏の住宅での
熱中症予防にも断熱が有効

熱中症は、意外なことに住宅内での発症割合がもっとも多い。
そのうち約7割を占めるのが65歳以上で、高齢者ほど重篤化する傾向にあります。
これは住宅の断熱性能が低いことが原因の一つ。断熱性の高い住宅にすることで、外気の熱の侵入を遮り冷房効果を高め、熱中症予防に繋がります。